交通事故にあった 弁護士に依頼するといくらかかる?

●弁護士は保険会社とのトラブルにも対応してくれる

交通事故はどんな時にでも起こり得ることです。交通事故の被害者になった場合、その後の治療費や通院費はもちろん、普段の生活を取り戻すまでの時間の苦痛が損害賠償として保障で賄われるべきです。

大抵の場合、自動車を運転する人の殆どは自賠責保険のほかに任意保険に加入しており、事故を起こしてしまった場合でも、被害者への保障は保険会社が仲介に立ち、後遺症の認定の手続きをするほか、保険金の支払額の調整も行います。

しかし、どこの保険会社も保険金は自社のお金を怪我した人に渡すわけで、なるべく自社の懐を痛めないように、保険金支払額を渋ろうとするのは当然のことです。そのため、大した怪我をしていないような場合は、最低限の保険金だけを支払って対応を打ち切ろうとするでしょう。

一度打撲のような軽度の診断を病院でされて、実はとても重大な怪我を負っていたというような診断結果が出たとした場合、発見されるまでには相当の期間を要するケースが多いですが、そうなると保険会社は、「保障する期間が過ぎたから保険会社が支払う義務はない」とか、「因果関係がないから払わない」と頑なに保険金を支払うことを拒否しようとする場合もあり得ます。

そんな時こそ、法律に詳しい弁護士に依頼すべきでしょう。
一度軽度の症状と診断され、後日重度の障害があることが判明したような場合であっても、事故による因果関係が疎明されさえすれば、弁護士はいくらでも訴追する姿勢を取ってくれます。

因果関係を疎明する方法についても一から弁護士は教えてくれますから、非常に強い味方になります。人身事故に遭い、少しでも保険会社との交渉で不安を抱いた時は、弁護士に頼ることをお勧めします。


●着手金について

弁護士費用の中で、交渉や裁判の結果にかかわらず必要になってくるお金があります。それは着手金です。これは途中で依頼を解約した場合にも、返金してもらえないお金となります。その案件に着手してしまった時点で発生するものなので、ここは潔くあきらめるしかありません。

着手金を支払ったのに、途中で解約して着手金がムダ金になってしまった、ということがないようにまずは慎重に依頼しましょう。着手金は、依頼された案件の難易度や、補償金の金額で決まることが多いようです。ただ、高額ではない請求の場合、最近は着手金は無料で、案件が終了したときの成功報酬のみで請けてくれる弁護士事務所も多くなっているようです。複数の弁護士事務所を比較し、他の項目が同内容なのであれば、「法律相談無料」「着手金無料」というキーワードをひとつの基準にしてもいいかもしれません。

ちなみに着手金の最低金額は、旧報酬規定では10万円でしたが、事務所ごとに報酬規程を設けることができるようになってからは、交通事故弁護士を利用する場合、だいたい20万前後がひとつの目安となる傾向にあるようです。

そしてもう一つ、依頼した案件がすべて終わってから弁護士に支払うお金、成功報酬が必要です。成功報酬の相場は、増加分の10%前後だといわれています。このお金は一度、補償金全額が加害者から弁護士に振り込まれ、ここから成功報酬を差し引いた金額が、依頼人の元に届くような仕組みになっています。このあたりも事前にしっかりと確認したほうがよさそうですね。せっかく振り込まれたお金が、思っていたよりもはるかに高い利率で引かれていたということがないように。